自宅 ホワイトニング 黄ばみ

自宅ホワイトニングで黄ばみを取ろう

このサイトでは、自宅で歯を磨くだけで、黄ばみや黒ずみが取れて真っ白な歯になれる歯磨きのランキングをご紹介します。

 

自宅ホワイトニングで黄ばみを取ろう

 

黄色い歯を白くしたい。

 

歯磨きで歯を白くしたい。

 

できれば、自宅で簡単に歯を白くしたい。

 

誰にも知られず歯を白くしたい。

 

などなど、歯の黄ばみなど歯の色で悩んでいるかたのご参考にればうれしいです。

 

これを書いている私(30代女性です)も、ずっと歯の色がコンプレックスでしたが、ホワイトニング歯磨きのお陰で歯が白くなってコンプレックスが解消されました。歯の色が白くなったおかげで、すごく若く見られるようになりました。

自宅ホワイトニングで黄ばみが取れる歯磨きのランキングです

このランキングは、歯の色で悩んでいた私が色々な歯磨きを使った経験や、知り合いに使ってもらった体験談、ネットの口コミ、販売元への取材、問い合わせなどをもとに作成しました。

 

9877

薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

  • 私の歯が真っ白になった製品
  • 近くで話すのが気にならなくなります
  • 有名雑誌でも話題になり、取り上げられています
  • 54万人規模のアンケートで1位になりました
  • 黄ばみがごっそりとれます
  • タバコのヤニ取りにすごい効果を発揮します
  • 歯科医師も推薦している製品です

価格 3,980円
評価 評価5
備考 2回目以降は4,980円となります。
薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの総評

私の歯を一ヶ月ちょっとで真っ白にしてくれたのが「薬用 ちゅらトゥースホワイトニング」です。

口コミでの評価が高く、ホワイトニング経験のある54万人を対象に行ったアンケートで「最も効果のある歯磨き」に選ばれました。

さらに歯を白くするのは当たり前、お口の中を健康へと導き、虫歯リスクをとことん減らすのも特徴的です。どんなに歯を白くしても、お口の中が健康でなければ、また黄ばみと黒ずみが発生してしまいます。

真っ白で健康的な白い歯は、健康的な口内あってこそです。これにより、自然と口臭も抑えられ、近くで話すのがまったく気にならなくなります。

成分は、天然由来のものが中心ですから、安心安全です。歯を傷めることなく、長く使えるように考えられています。

今まで色々な歯磨きを使っても黄ばみが取れなかった方は、ちゅらトゥースホワイトニングを検討されてはいかがでしょうか?自信を持っておすすめ出来ます。

5345

はははのはの特徴

  • 毎日の歯磨きをはははのはに変えるだけ
  • 白い歯となって笑顔が輝きます
  • 自宅で簡単に歯の黄ばみが取れます
  • 製薬会社と共同開発しました
  • 歯が白いと若く見られるようになります
  • 無添加なので安心して長く使えます
  • 10日間の返金保証があるので安心です

価格 1,980円
評価 評価4.5
備考 2回目以降は2,980円。定期コースは回数の縛りありません。
はははのはの総評

歯がグングン白くなると話題の歯磨きが「はははのは」です。SNSや口コミで人気が広がり、注文が殺到しています。特に今年(2017年)の春ごろは、ずっと在庫切れを起こしていました。

「はははのは」は、ポリリン酸ナトリウムと、メタリン酸ナトリウムという2つのホワイトニング成分がダブルで配合されています。この2つのホワイトニング成分が、歯の黄ばみや黒ずみを浮き上がらせ、歯を白くします。

さらに、天然の界面活性剤を言われるソープナッツが、汚れの落ちた歯の白さを守るためにコーティングしてくれます。また、保湿効果と歯を白くする効果のあるココナッツオイルが、寝ている間も歯をしっかりホワイトニングしてくれます。

利用者アンケートによると、歯が白くなったと答えた人は「91.8パーセント」という高さ!「はははのは」一つで、ホワイトニングと口臭予防までしっかりケアできる優れものです。

10075

プレミアムブラントゥースの特徴

  • 世界5カ国で売上1位を記録したホワイトニング歯磨きです
  • 世界中のセレブも愛用しています。
  • セレブ系雑誌で話題、特集も組まれています
  • 歯科衛生士もおすすめの歯磨き
  • オーガニック成分が歯を白くします
  • 笑顔キラキラ、輝く白い歯に
  • 研磨剤が入っていないので長く使っても安心です
  • 注目のオイルプリングもできるホワイトニング歯磨きです

価格 3,980円
評価 評価4
備考 2回目以降は4,980円です。定期コースは3回の継続がお約束です。
プレミアムブラントゥースの総評

プレミアムブラントゥースはアメリカ、フランス、イタリア、英国、スペインの欧米5カ国でホワイトニング歯磨きの売上1位を記録しました。世界で一番売れてるホワイトニング歯磨きといってもいいかも知れません。

日本では株式会社アンビシャスが、販売する権利を手に入れ、国内で製造と管理が行われているので安心です。

薬剤の力で無理やり歯を白くする歯磨きと違い、プレミアムブラントゥースは植物の力のみで歯を白くするので、長く使っても安心です。

また、白くなった歯をしっかりコーティングする力にも優れています。なので、他のホワイトニング歯磨きで歯が白くなった方が、歯の白さをキープするのにもおすすめ出来ます。

おすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

ここまで、自宅ホワイトニングで黄ばみがごっそり取れる歯磨きを3つご紹介してきました。私のおすすめは何と言っても1位のちゅらトゥースホワイトニングです。

 

おすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

 

理由としては、私が実際に使って歯が白くなったので自信を持っておすすめできる、という点です。

 

私の場合は、使い始めて数週間で歯が白くなるのがわかりました。その後しばらくは全く進展がありませんでしたが、根気よく使い続けるとだんだんと黄ばみがとれ歯が白くなりました。

 

どの製品もそうですが、数週間から数ヶ月は根気よく使い続ける必要があるようですね。

 

そして、ちゅらトゥースホワイトニングは歯科医が推薦しているのも強くおすすめできる点です。推薦しているのは歯科医歴7年の加藤先生です。加藤先生は一般の歯科医院に勤務されたあとに、現在はホワイトニング専門のクリニックで美容歯科に携わっておられます。その中で「自宅でもホワイトニングしたい」「でも、高いのは困る」という患者さんに迷わず、ちゅらトゥースホワイトニングを推薦しておられるというのです。

 

ホワイトニング歯磨きは色々ありますが、歯科医も推薦している製品は、ちゅらトゥースホワイトニングしかありません。

 

どの歯磨きにしようか迷っている方、ちゅらトゥースホワイトニングを選べば間違いありませんよ。

 

なお、ちゅらトゥースホワイトニングを一番安く変えるのは公式通販サイトとなります。下記に私も買った公式サイトへの入り口をリンクしておきますね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値

歯の黄ばみを自宅で除去する方法

歯の黄ばみを落としたいという場合には、歯医者に通い歯のクリーニングやホワイトニングなどの方法で黄ばみを取り除くこともできます。ですが、わざわざ歯医者に通うのはちょっと面倒という方の場合には、自宅で歯の黄ばみを除去する方法で対策をしていきましょう。

 

歯の黄ばみを自宅で除去する方法

 

自宅でできる歯の黄ばみ対策はいくつかの方法があります。歯の表面を研磨作用により汚れを落とす方法と歯の表面に塗ることで白くする方法です。

 

重曹や歯の消しゴムを使う場合には、研磨によって歯の表面の汚れを落とし歯を白くすることができます。歯の薄い黄ばみなどの場合には、軽く研磨することで表面を白くすることは可能です。ですが、あくまで研磨による影響のため、過度に歯の表面を研磨してしまうと歯そのものに対してのダメージにつながるため、常識の範囲内で重曹や歯の消しゴムにより黄ばみを落とすように心がけることが大切です。

 

歯の表面を塗ることで白くするのは、歯のマニキュアを使用します。歯のマニキュアの場合には、ボトルタイプやペンタイプがありそれぞれ塗り方に違いがあります。うまく塗らないとムラができてしまう可能性もあるため、しっかりと丁寧に塗るように心がけることが大切です。

 

ボトルタイプの場合には、歯磨きによって歯に付着した汚れを落としておくことで、マニキュアを塗りやすい状態にしておくことが大切です。ボトルをキャップを閉めた状態で軽く振りある程度中身が混ざる状態にします。

 

歯に水分が付着しているとマニキュアを塗った際にムラができやすいため、ティッシュなどであらかじめ表面を拭き取っておくこともポイントの一つです。液量は調節して、歯に塗るための適量を保ち、歯に対して付け根から先にかけて塗っていきましょう。乾かすためにおよそ10秒程度そのままの状態でキープしておきましょう。

 

ペンタイプの場合もボトルタイプとパターン的にはほとんど同じです。ただし、ペンに対して液体をなじませる必要があり、液が多く出てしまった場合には、ティッシュなどで余分な液は拭き取るようにしましょう。塗る際も一塗りで薄く塗り、乾くまでは15秒前後そのままの状態をキープしておきましょう。

 

歯の黄ばみ対策をすることで、見た目の改善につながります。薄い黄ばみ程度なら自宅で対処することができるため、自分にあった方法を利用して対策をしていきましょう。黄ばみを気にしすぎて過度に対策をしないことも大切です。適度に常識の範囲内で黄ばみを落とし対策をしましょう。

 

一応、ホワイトニング歯磨き以外で歯を白くする方法を私の経験から書きましたが、あまりおすすめできません。危険ですし、どの方法もまたすぐ黄色くなるからです。時間がかかっても、私はホワイトニング歯磨きで根気よく歯を白くする方法をおすすめします。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値

歯のホワイトニングに大敵!歯に色が付きやすい食品とは?

歯のホワイトニングの大敵になる食べ物には、吸着しやすい色素が含まれるています。嗜好飲料や日常的な食べ物にも多く含まれるため、歯を白くしたいなら、食べ物も慎重に選ぶべきです。

 

歯を黄色くする要注意な食べ物

 

紅茶、コーヒー、お茶はストローを使う

ホワイトニングをしている人であっても、紅茶をよく飲む場合には効果が薄れてしまうことが少なくありません。中身に含まれるカテキンの影響により、歯の表面が色素で覆われて、次第に白さが失われていきます。カテキンはポリフェノールの一種で健康にとっては有益ですが、歯の審美性を損なう原因になることは間違いありません。この影響を軽減するために、冷たくしてからストローを使って飲むことも有効です。

 

カレーの食べ過ぎに注意

カレーをよく食べる人の例では、歯が黄色く変色してしまうことがあります。カレーの色彩を構成するウコンについても、ポリフェノールの一種になる色素成分を含みます。歯の種類によっても違ってきますが、変色しやすい義歯を装着している人は、カレーの食べ過ぎには特に注意が必要です。この影響を軽減させるために、黄色くないカレーを食べるのも賢い方法となります。ウコンを抜いてしまっても、クミンやカルダモンなどのスパイスでカレーの風味を引き出すことは可能です。

 

赤ワイン他、アルコールは体のためにもガマン

歯に色が付きやすい食品には、赤ワインや赤ブドウジュースも含まれています。赤ワインの原料になるブドウの果皮にポリフェノールが含まれ、歯に色を付着させる原因を作っています。紅茶と同様に嗜好性が強く、毎日のように飲む人も少なくありませんから、問題が長期化する可能性が残ります。白ワインに関しては、醸造の過程で果皮を取り除いていますから、赤ワインに比べれば歯に色が付きにくい食品になります。

 

他に注意する食べ物は?

トマトも歯に色が付きやすい食品に分類されるため、ケチャップやトマトピューレが入った料理にも注意する必要があります。イカスミを食べる場合には、お歯黒のような見た目になることが少なくありません。コーヒーを飲むすぎる人は、紅茶と同じように黄色く変色して、歯の審美性が損なわれることがあります。またこの他にも、みかんやぽんかんなどの柑橘系の飲食物、キムチ、チョコレート、野菜ジュース、ニンニク(含有されている硫黄が歯の黄ばみの元にもなる)などなどあります。

 

結局、歯を白くするということは、美容行為です。救いようのない一言を言えば、黄色くても死にはしません。歯を白くする行為は、人間が生きるために究極的に必要ではありません。でからこそ、美容行為は成す努力をする必要があります。

 

上に上げた食べ物を食べても構いません。でも、歯を白くしたかったら、食べるべきではありません。でも、食べる必要性に迫られたら、食べたらすぐ磨きましょう。繰り返しますが、美容行為ですから、これぐらいの努力は当たり前です。その歯を白くする努力をより効果的に、より効率よくするのには、、当サイトイチ推しの「ちゅらトゥースホワイトニング」がいいと思います。下記のリンクは、ちゅらトゥースホワイトニングが最安値で買える公式サイトへのリンクです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値